ふんどしが体に良い理由

今、ふんどしは体に良い下着として再注目されています。テレビや雑誌など多くのメディアでもその効果が取り上げられていて、男性・女性を問わず好調な売り上げを達成しているそうです。実際にパンツからふんどしに代えた人たちは、「朝目覚めが良くなった」「体が軽くなった」などという感想を挙げています。ではなぜふんどしが体に良いのか、どんな効果があるのかをご紹介したいと思います。これを読めばきっと貴方もふんどしに興味が湧くことでしょう。

なぜ体に良いのか。

締め付けないから体に良い

ふんどしとパンツの違いはなんでしょうか。その最大の特徴は「ゴムを使っていない」と言うことです。女性用のパンツを例にとると、ウエストのところと足の付け根のところに必ずゴムが入っていますよね。男性のトランクスの場合もウエスト部分に、ボクサーパンツに至っては全体的に締め付けのある構造になっています。ふんどしにはそれが一切ありません。紐をウエストで結び、そこに布を引っ掛けて局部を覆う構造になっているので、自分でウエスト部分を調節できます。そのため、余計な締め付けがなく、血行が良くなるのです。パンツを脱いだあと、ゴムの跡が残っている場合があると思います。ゴムの跡が残っているということは、その部分の血流が少なからず妨げられていたということです。血行が悪くなると、体が冷え、むくみが出来たり冷え性になったりするのです。冷えは万病の元と言われています。特に女性は身体を冷やすとホルモンバランスが崩れたり、生理痛がひどくなったりと様々な弊害が起こってきます。パンツをふんどしに変えるだけで体調がよくなるのは血行が良くなり、体温が上がることに大きく関係しているのです。血行が良くなると、肩こりや腰痛なども軽くなりますし、便秘や下痢などが無くなってお腹の調子も良くなります。まさに良い事ずくめなんです。

通気性がいいから体に良い

さらにふんどしは麻や木綿など天然素材で作られているので、通気性もよくお肌にも優しいのです。人間は気付かないうちに沢山の汗をかいています。密着した下着を着用している場合、その汗は下着が吸ってくれるのですが、それによって多湿になり蒸れてしまいます。また肌に密着しているので酸素が少ないため、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。雑菌が繁殖すると、かゆみや臭いが発生してしまうのです。しかしふんどしの場合は、肌との間に適度な隙間があり、ゆったりとしているので酸素が豊富ですし、通気性の良い素材が使われているためいつも快適に過ごせます。

熟睡できるから体に良い

寝るときには裸がいいという話を聞いたことはありませんか?体に何もつけずに寝ると開放感があって、ストレスを溜めずに安眠できるというものです。パジャマやパンツのゴムの締め付け間は、普段は全く気にならないですが、実は体には負担になっていて、少しずつ睡眠の質を悪くしているのです。身体が拘束されていると考えるとなんとなく分かっていただけるかと思います。パンツのゴム程度の軽度の拘束でもそれが長時間続けば体は疲れてしまいます。ですが、さすがにスッポンポンで寝るのは抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。そこで出てくるのがふんどしです。前述したように、ふんどしは自分で紐で締めるので、適度な長さに調節でき、締め付け間は皆無です。下着を着けていることを忘れるくらい軽い着け心地なので、寝ている間も体を拘束せず、安眠に繋がります。実際、ふんどしで眠ると寝つきが良く、目覚めたときに疲れが取れていると言った感想を良く耳にします。眠りの質に悩みがある方はふんどしを試してみてはいかがでしょうか。

ふんどしの疑問、解決します。

トイレはどうするの?

ふんどしを履く際に一番気になるのがトイレの問題だと思います。これが面倒臭そうな気がしてふんどしに踏み込めないという方も多いようです。ですが、実際はとっても簡単です。ふんどしは腰に巻いた紐に、布を引っ掛けているだけなので、便座に座る場合はそれをするりと紐からはずし、前垂れの部分は肩にかけておいたり、横にそらして手で支えていれば簡単に用を足すことができます。男性の小の時も、前垂れを横にずらせばいいだけです。一回一回付け直さなければいけないわけではないので、慣れてしまえばそれほど大変ではありません。

洋服には合わない?

着物なら堂々とふんどしを履けますが、洋服の場合はシルエットが分かってしまうのでは?と心配になる方も多いと思います。この点も全く問題ありません。ふんどしの生地はそれほど厚くないので、普通のジーパンやズボンなら全く気になりませんし、女性の場合もスカートなどでも大丈夫です。普段着として売られているふんどしは、Tバックになるタイプではなくお尻もしっかり隠れるタイプなので、タイトスカートなどでもほとんど気にならないと思います。スキニーパンツなどを履くと前垂れが少し邪魔になるかもしれませんが、洋服用に開発された前垂れの短いふんどしも販売されているので、そういったタイプなら気にならずに履けるでしょう。

お勧め!「夜だけ」ふんどし生活

このようにふんどしはとっても体に良い下着です。しかし、いきなりパンツからふんどしへ!と言われても抵抗があると思います。ですので最初は夜寝るときだけふんどしにしてみてはいかがでしょうか。お風呂上がりのリラックスタイムにふんどしはピッタリです。寝るときにふんどしにすると、締め付けが無くなって快眠できますし、ゴムでリンパを押さえつけることがないので、老廃物がきちんと流れ、血行もよくなり、朝起きたときに顔や足がむくんでいるということが無くなります。適度な開放感もあるので、体の疲れも取れやすくなります。そうすると目覚めたときにスッキリ感を実感できると思います。夜だけなら周りの目を気にする事もないですし、ふんどしにもチャレンジしやすいのではないでしょうか。パジャマやルームウェアを着るような感覚で、ふんどし生活を楽しんでみてください。

こだわりの褌

鶴屋町総合法律事務所はあなたの幸せを守るために全力でベストを尽くします。ほんの少しの勇気で幸せを掴むためのお手伝いをさせていただきます。弁護士 横浜お気軽にご相談ください。

日本の下着、色々。